暑さに疲れがちな時期にレバウルソ!肝活で夏バテに打ち勝つ!

肝臓を労る肝活をしましょう!

肝臓には体温を維持する役割もあります。
最近、暑がりになったり、大量に汗が出て止まらないと感じている人は、肝機能低下のサインかもしれません。

肝臓を労る肝活をしましょう!

夏の疲れや食欲不振、飲みすぎにウルソデオキシコール酸が効く

ウルソデオキシコール酸は肝臓・胃・腸に働き、さまざまな効果を発揮します。暑さで弱ってしまいがちな肝臓や胃腸を助けます。

夏の疲れや食欲不振、飲みすぎにウルソデオキシコール酸が効く

ウルソデオキシコール酸は飲んだ後の下痢(脂質消化不良)にも!

アルコール摂取時の肝臓は通常脂肪分解よりアルコール代謝が優先されるため消化不良になりやすい

ウルソデオキシコール酸は飲んだ後の下痢(脂質消化不良)にも!

夏バテと肝臓の関係

夏は、気温の変化の波が大きいことやエアコンによる冷えすぎなど、体温を一定に保つために多くのエネルギーを必要とします。その結果、エネルギーを生成する肝臓は常に働き続けることになり、疲れが肝臓に溜まりやすい時期といえます。

夏野菜で夏バテを防止しよう!

これから夏に向けて続々と旬を迎える夏野菜。今から積極的に食べて、暑さに負けないカラダ作りを目指しましょう。

夏野菜で夏バテを防止しよう!夏野菜を使った料理をご紹介!

冷やし野菜そうめん

冷やし焼き野菜そうめん

焼き野菜が香ばしい食べ応えあるボリュームたっぷりの冷やしそうめんです。かぼちゃには、強肝作用や解毒を促進する効果があるため、肝臓の機能を補助してくれます。

材料

2⼈分 調理時間20分※漬け時間除
素麺
2束
ズッキーニ
1/2本
茄⼦
1/2本
かぼちゃ
80g
パプリカ⾚ ⻩
各80g
細葱
適量
ニンニクチップ
5〜6枚
オリーブオイル
⼤さじ2
<漬け出し汁>
だし汁
500cc
醤油
100cc
みりん
100cc

下準備

ズッキーニは5mm 厚さの輪切りにする。茄⼦、かぼちゃ、パプリカは⾷べやすい⼤きさに切る。
細葱は⼩⼝切りにする。
漬け汁の調味料を容器に合わせておく。

作り方

  • 熱したフライパンにオリーブオイルを⼊れ、ズッキーニ、茄⼦、かぼちゃ、パプリカを⽕が通るまで強⽕で焼く。
  • 焼いた野菜を漬け出し汁につけ、30分味をなじませる。
  • 茹でたそうめんを冷⽔で冷ましよく⽔気をきり、お⽫に盛り付ける。
  • ②の焼き浸しを汁ごと③のそうめんに盛り付けて、細ねぎ、ニンニクチップ、⽷唐⾟⼦を飾り完成。


肝臓を労わり、毎日の健康をサポート

レバウルソドリンクG

「レバウルソ」は、低下した肝機能を正常化する働きがあるため、肝臓の疲れに伴う体のだるさや倦怠感に効果を現わします。

  1. レバウルソの効果POINT1肝臓水解物

    肝細胞を障害から保護し、再生を促します。
    また、肝障害による酵素活性異常を正常化します。

  2. レバウルソの効果POINT2ウルソデオキシコール酸

    肝細胞の働きを助け、胆汁酸の分泌やアルコール代謝を促進します。

製品ラインアップ

ページの先頭に戻る