食べ過ぎ・飲みすぎにレバウルソ!肝臓が発する危険サインを見逃さない!

肝臓に負担がかかると「疲れる」のはなぜ?

「代謝」機能がダウン

体内に取り入れた栄養素をうまく利用できなくなり、体に必要なエネルギーが不足して疲労を招く。

「解毒」機能がダウン

体内で発生する有害物質(アンモニアなど)の解毒が遅れ、エネルギー生産の妨げにも。

だるさや疲れやすくなる原因はエネルギー不足によるものです!

肝臓が発する危険サイン

肝臓が発する危険サイン

ウルソデオキシコール酸による肝機能サポート

ウルソデオキシコール酸による脂肪吸収効果

ウルソデオキシコール酸は脂肪の消化を助け、「もたれ」に効果をあらわします。

ウルソデオキシコール酸による肝機能サポート

ウルソデオキシコール酸は肝臓水解物との相乗効果により肝機能のサポートします。

春はデトックスの季節!

春は気温が上昇して身体の器官がよく働くようになり、新陳代謝が活発になる季節です。今回は、春の新陳代謝にも重要な役割を果たす「肝臓」のパフォーマンスを高めるレシピをご紹介します!

春の野菜で肝臓をいたわりましょう!

肝臓をいたわり、はたらきを良くするには、旬の緑黄色野菜や野草を摂取しましょう。春に旬がくる、ほろ苦い菜の花、ヨモギやフキ、たらの芽などの野草や竹の子がおすすめです。

春の野菜で肝臓をいたわりましょう!春の野菜を使った料理をご紹介!

春の野菜!菜の花としらすの和風サラダ

春の野菜!菜の花としらすの和風サラダ

菜の花の苦味が春を感じるしらすの和風サラダです。菜の花のイソチオシアネートは血液をサラサラにする効果や有毒物質を排出するデトックス効果があります。

材料

3〜4人分 調理時間20分
菜の花
1束
しらす
80g
インゲン豆
10本
中玉トマト
1個
うずらの卵
4個
大葉
4枚
少々
〈和風ドレッシング〉
ポン酢
100cc
昆布だし
100cc
醤油
大さじ1
おろし玉ねぎ
小さじ1
おろし生姜
小さじ1/2
ごま油
小さじ1

下準備

中玉トマトは食べやすい大きさに切る。和風ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。

作り方

  • 鍋にお湯を沸かし少量の塩を入れ、菜の花、インゲン豆を15秒〜20秒茹で、流水し粗熱をとり水気をしっかりきる。
  • 沸騰したお湯でうずらの卵を5分茹で、火を通し、冷水につけて冷まし殻を剥き半分に切る。
  • お皿に1と2、トマトを盛り付け、しらすと大葉を散らす。和風ドレッシングをまわしかけて完成。


肝臓を労わり、毎日の健康をサポート

レバウルソドリンクG

「レバウルソ」は、低下した肝機能を正常化する働きがあるため、肝臓の疲れに伴う体のだるさや倦怠感に効果を現わします。

  1. レバウルソの効果POINT1肝臓水解物

    肝細胞を障害から保護し、再生を促します。
    また、肝障害による酵素活性異常を正常化します。

  2. レバウルソの効果POINT2ウルソデオキシコール酸

    肝細胞の働きを助け、胆汁酸の分泌やアルコール代謝を促進します。

製品ラインアップ

ページの先頭に戻る